大和まほろばウォーキングに参加しました

  • 2018.03.25 Sunday
  • 12:27

JUGEMテーマ:写真日記

 

2018年3月11日(日)に開催された「大和まほろばウォーキング 〜相撲ゆかりの地と古刹をめぐる〜」に参加してきました。

近鉄二上駅(大阪線)南側ロータリーをスタートし、葛城市相撲館「けはや座」をゴールとするコース。

途中に大坂山口神社(穴虫)、大の松為次郎の墓碑、道の駅ふたかみパーク當麻、石光寺、當麻寺を巡ります。

 


 

10:00に二上駅の南側ロータリーで受付。

受付時に地図とバッチをもらって、スタートです。

 

まずは大坂山口神社に向かって穴虫の町の中を抜けていきます。

最初のチェックポイント大坂山口神社に到着です。

各ポイントにはボランティアのガイドの方がおられて、神社の歴史を説明いただきました。

ありがとうございました。

古くから相撲神社として知られており、今でも拝殿前には宮相撲の土俵跡と桟敷席が残っています。

 

次は、明治時代に活躍した香芝出身の力士・大の松為次郎の墓碑です。

大の松為次郎が晩年に香芝で宮相撲の部屋を作った当時の写真も見せていただきました。

 

大の松為次郎の墓碑からしばらく歩いた後、道の駅ふたかみパーク當麻で小休憩。

甘酒のふるまいがありました。

 

道の駅から次のチェックポイントである石光寺の途中に出会った「つくし」。

もう春ですね。

 

以前来たことのある関西花の寺第二十番の石光寺。

前回は寒牡丹の時でしたが、今日はどんな花が咲いているでしょうか?

 

梅が満開でした。

しだれ梅と石像。

 

 

青空をバックに満開の梅シルエット。枝ぶりも立派でした。

 

次のチェックポイント當麻寺に到着です。

當麻寺には国宝、重要文化財に指定されているものがたくさんありますが、こちらは国宝に指定されている本堂。

手前は中将姫の像です。

 

當麻寺を後にすると次はゴールの「けはや座」になります。

12時50分に到着しました。

 

ゴールした後は、限定250食のちゃんこをいただきました。

12:00からふるまいがはじまっていたので、もらえないかもと思っていたのですが、

240番でぎりぎりいただくことができました。

塩ちゃんこ美味しかったです。

 


およそ6km、3時間のウォーキングでした。

当日は天気も良くのんびり楽しむことができました。

また次回も参加したいと思います。

 

けはや座

 

 

高取「町家のひなめぐり」に行ってきた

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 07:34

JUGEMテーマ:写真日記

 

高取町で行われた第12回「町家のひなめぐり」に行ってきました。

今年は3/1(木)〜3/31(土)10:00〜16:00まで開催されています。

 

日本3大山城の1つである高取城。

その城下町として栄えた高取土佐地区の町家に保存されているひな人形が各家で展示されています。(約90会場)

今回は壷阪寺で大雛曼荼羅を見た後、ハイキングコースを下って、ひなめぐり会場へ移動するルートをとりました。

約6km 約10000歩

 


 

駐車場に車を停めた後、バスで壷阪寺へ移動(近鉄壺阪山駅から壺阪寺行きのバスがあります 320円)。

ひなめぐり会場では複数の駐車場があるので、車で行っても安心です。

 

壷阪寺では「大雛曼荼羅」がもようされています。

入山料600円(ひなめぐりマップを入手していると入山料が100円割引になります)

 

礼堂の中に入ると、ドーンと大量のお雛様が見えました。

 

 

 

奈良らしく?仏像とお雛様のコラボ

 

壷阪寺の桜はまだつぼみが固い状態でした(3月上旬)

 


ひなめぐりのメイン会場 街の駅「城跡(きせき)」には500体以上のお雛様が並べられています。

 

 


会場は89か所もあり、所々にジャンボ雛やミニジャンボ雛も設置されてます。

これは地元の有志の方が毎年制作されているとのことです。

 

 

高取町

 


 

写真には載せていませんが、各町家には大きなものから小さいものまでいろいろなお雛様があります。

年々大きくなってきたイベントの高取町家のひなめぐり 3/31まで開催していますので、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

しあわせ回廊 なら瑠璃絵に行ってきました その2

  • 2018.02.25 Sunday
  • 12:17

JUGEMテーマ:写真日記

 

もう冬の奈良の風物詩になってきている「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」に行ってきました。

前回の続きです。

 

春日大社には鹿のおみくじがあります。English versionと書いていたので、英語のおみくじなんでしょうか。

 

春日大社 祓戸神社前では神楽「光の夜神楽」を観覧するため多くの人が集まっていました。人見る

 

 

メイン会場の奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~のイルミネーション。キラキラ

まるでイルミネーションの海で、年々電球が多くなっているそうです。

料金を払えば通路「冬七夕ロード」も通れます。

冬七夕ロードからは国際フォーラムを見ると窓ガラスにイルミネーションが反射して、

インスタ映えするところがあるのですが、今年は入りませんでした。

 

 

 

東大寺側へ移動して、定番の南大門の金剛力士像。

ライトアップされると迫力が増しますね。この像を造った運慶快慶ってすごい。すごい

去年行ったときは写真を撮っている最中に時間オーバーで照明が切れてしまったので、

今年は撮れてよかったです。

 

 

大仏殿の観相窓が開いているので、中門から大仏さまのお顔を拝観できます。

その前には5色のライトが輝いていました。

鏡池越しに中門と大仏殿を望む。

 

東大寺

 

しあわせ回廊 なら瑠璃絵に行ってきました

  • 2018.02.18 Sunday
  • 14:06

JUGEMテーマ:写真日記

 

今はもう奈良の冬の恒例のイベントとなってきた「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」。

今年は、春日大社と東大寺の会場を中心に回りました。

長くなってしまうので2回に分けて記載します。

 

浅茅が原会場では竹を使ったオブジェ(竹あかり<高山竹あかり>)がライトアップされていました。

奈良県生駒市高山町は茶筌づくりや茶道具、縫い針などの竹製品づくりの里として有名で、約500年の歴史がありますひらめき

 

浅茅が原会場から春日大社へ抜ける道の途中には、ミラーボールが設置されているポイントが複数ありました。

光の演出というタイトルのオブジェで、そのミラーボールがライトアップされ、その散乱光が綺麗でしたニコッ

ただ、この日は風があったためミラーボールが不規則に回転し、その光で目が回りましたクッキーモンスター

 

夜参り提灯のグループもここを通りがかります手

この夜参り提灯とは、参加者が提灯をもって瑠璃絵ナビゲーターの案内で会場を巡るものです。

夜参り提灯は奈良春日野国際フォーラム甍と興福寺で申し込むことができます。

 

春日大社では夜間特別拝観が行われていて燈籠が点灯されていました。

春日大社には燈籠が約3000基あるらしく、年に3回(2月の節分、8月14日、15日)行われる万燈籠神事の時に見ることができるのですが、なら瑠璃絵でも一部再現されています。

春日大社南門

燈籠が連なります

 

 

本殿を望む

奈良らしく鹿の燈籠です

重文 藤浪之屋にある鹿と藤の燈籠

 

春日大社

 

 


続きは次回

 

本を買ってみました

  • 2018.02.11 Sunday
  • 14:15

JUGEMテーマ:写真日記

 

一眼レフを購入してから1年が過ぎて写真を撮ることが楽しくなっているのですが、どんな写真がいい写真なのか考えるようになってきました。

写真を学ぶにはいい写真を見るのがいいよ👀 と言われて色々と見て来たのですが、なぜそれがいい写真なのか理解できず悶々としていたところ、本屋でナショナルジオグラフィックの「プロの撮り方露出を極める」という本に出会いました。

 


 

この本は世界で35万部売れたベストセラーで、カメラの基本である絞り、シャッター速度、感度について多くの写真を交えながらわかりやすく説明されています。写真の撮り方に関する本はたくさんあって、私もいくつか購入していたのですが、今回買った本が一番理解することができました。ネットに書かれている内容に少し踊らされていた自分を知ることができました。

 

これまでまともに学んで来なかった私にとっては、目から鱗で、大変勉強になりました。

シリーズ本ですので、他のも読んでみたいと思います。

 

 

評価:
---
---
---
()

二上山にハイキングしてきた

  • 2018.01.08 Monday
  • 16:25

JUGEMテーマ:写真日記

 

奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町との境にある二上山にハイキングしてきました。波

二上山は雄岳(517m)と雌岳(473.9m)からなる山で、太陽が頂の間に沈むことから古の人々から崇拝されている山です。嬉しい

 

 

今回は二上山麓の道の駅「ふたかみパーク當麻」から石光寺を経由し、雌岳と雄岳を登るルートを通ってきました。

まず、道の駅に車を停めた後、石光寺に到着です。(入山料:大人400円)

石光寺は奈良県葛城市にある浄土宗の寺院で、中将姫伝説ゆかりの「染の井」と「糸かけ桜」がある寺です。

役小角(えんのおづぬ)の開山と伝えられており、約1300年前の天智天皇の勅命によって建てられたそうです。

 

関西花の寺二十五霊場の20番札所でもあり、

私が訪れた時(12月上旬)は寒牡丹が冬の寒さに耐えれるように施した傘状の「藁づと」の下でひっそりと咲いていました。

牡丹は1月末まで楽しめるそうです。花

 

まんりょうの実も太陽の光を受けて輝いていました。

 

石光寺に近くには傘堂という1間四方の屋根を一本柱で支えた独特な建物があります。

1674年(延宝2年)に郡山藩主本多政勝の菩提をともらうために建てられたとのことです。

広いスペースがあるので休憩するにはちょうど良いエリアです。

 

傘堂横の大池の脇を抜けると二上山の登山口(祐泉寺)に出てきます。

登山道の横には小川が流れており、またなだらかな竹林の道で通り抜ける風が心地よかったです。

竹林を抜けると道は階段になり、一気に雌岳と雄岳の間の馬の背に登っていきます。

 

馬の背には休憩するスペースと売店・トイレがあります。

写真の左奥は雄岳山頂方面、右側には雌岳山頂と売店・トイレがあります。

残念ながら、この日は売店は閉まっていました。

 

まず、雌岳山頂に登ります。馬の背からは階段ですぐに山頂に出ます。

山頂には日時計があり、この周りで多くの人が休憩していました。

 

山頂は視界も開けており、奈良側、大阪側ともによく見えます。

上の写真は奈良側で、大和三山(畝傍山、耳成山、香具山)が一望できました。

これだけ視界が開けていると日の出、夕日・夜景も見れそうですね。

 

再び馬の背にもどり、次は雄岳を目指します。

 

雄岳山頂は視界は開けていませんが、天智天皇の第三皇子 大津皇子の墓と葛木二上神社があります。

下の写真は大津皇子の墓です。

ここまで誰かが登って清掃されているのだと思いますが、きれい。

 

ここからは一気に道の駅に下っていきます。

下り道の途中には、まだ、紅葉が残っているところもありました。

 

二上山から南にある葛城山側を望みます。

 

9:00 道の駅「ふたかみパーク當麻」出発

9:15 石光寺

11:00 二上山登山口(祐泉寺)

13:00 二上山(雌岳、雄岳)

15:00 道の駅「ふたかみパーク當麻」着

歩数:15800歩

 

二上山

 


<まとめ>

二上山のハイキングは初めてでしたが、道も整備されている低山ですので朝ゆっくり出ても十分日帰りできました。

周りには観光地がありますので、寄りながらでも楽しめると思います。

 

 

 

馬見丘陵公園のイルミネーションを撮ってきた

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 23:32

JUGEMテーマ:写真日記

 

奈良県馬見丘陵公園でクリスマスの時期にイルミネーションが見れるということで写真を撮りに行ってきましたカメラ

今回が第3回目ということで、昨年よりもイルミネーションの数を増やして約9万個が輝いての開催です。

北エリアの花見茶屋/彩りの広場付近が会場となり、今年は12/21(木)~12/25(月)まででした。

 

花見茶屋/彩りの広場付近にはメインのクリスマスツリーがあります。

クリスマスツリーが人気の撮影スポットということもあって、ツリーの周りには多くの人がいました。

馬見花苑もイルミネーションがあります見る

多重露光でクリスマスツリーに玉ボケを合わせてみましたひらめき

 

クロスフィルターで輝きを増してみました。

 

 

馬見丘陵公園

 

 


<まとめ>

馬見丘陵公園のイルミネーションは小規模なのでそれほど混みあうこともなく、いろいろな撮影方法を試すことができました。

今年は終わってしまいましたので、腕を磨いてまた来年撮影に行こうと思います嬉しい

中之島イルミネーションを撮ってきた

  • 2017.12.20 Wednesday
  • 23:52

JUGEMテーマ:写真日記

 

大阪ではこの季節大阪光の饗宴というイベントが開催されて5年になりますが、

 

今回初めて中之島イルミネーションを撮りに行ってきました。

 

地下鉄淀屋橋駅から地上に上がると初めに大阪市役所のイルミネーションが迎えてくれます。

 

「人と人とのつながり」を光の線で表しているらしく、八角形の明かりの中心に「大阪・光の饗宴」のロゴが配置されています。

 

大阪市役所と土佐堀川の間に中之島イルミネーションストリートがあり、音楽に合わせて光が変化するアーケードになっています。

 

ソフトフィルターとクロスフィルターの重ね付で撮ってみました楽しい

 

クロスフィルターでキラキラ感マシマシきらきら

 

中之島イルミネーションストリートを川側に折れると光の交流プロフラムがあります。

台湾の元宵節(げんしょうせつ)を祝う約1000個のランタンが飾られています。

 

ランタンは1つ1つ手書きで絵付けされて、メッセージ性があるものもありじっくり見ても楽しめますよ(*^^)v

 

近くにある橋から淀屋橋方面を見ると都会的な雰囲気が...でも、日曜日だったのでビルの明かりは少ないですね。

 

 

大阪市中央公会堂ではプロジェクションマッピングが見れます。

 

たくさん人がいるので、近づいて三脚を立てての撮影は厳しいかも。

 

これまでは中之島図書館で開催されていたものが、今年初めて中央公会堂で開催されたとのことです。

 

プロジェクションマッピングを見終わった後は北浜方面へ。

 

フランスアベニューではケヤキ並木が光で装飾されています。

 

 

少しだけ飛行機の光跡が中央に見えていますね(#^^#)

 

最後は北浜駅近くにある難波橋。日曜日なので交通量も少なく車の光跡はほとんどありません悲しい

 

大阪・中之島公園

 


<まとめ>

はじめて中之島エリアのイルミネーションを見ましたが、光のアーケード、ランタン、プロジェクションマッピングなど楽しめました。ここでは紹介しませんでしたが、OSAKA光のマルシェといったグルメもありますよ。

他のエリアも見どころはたくさんあるとのことですので、また見に行きたいと思います。

 

 

 

 

三脚の脚にグリップテープを巻いてみた

  • 2017.12.14 Thursday
  • 22:47

JUGEMテーマ:写真日記

 

この冬は夜景・イルミ・雪景色の撮影をしたいと考えている しばっちです。

 

明るくないシーンでの撮影には三脚が必須ですが、冬は三脚の脚を持つのがおっくうになります。

 

私が持っている三脚はVelbon UT-53Qなんですが、カーボンではないので特に持つのが辛い悲しい

 

ネットで調べてみると私の三脚だったら、分解する必要がないエツミ三脚用グリップテープがいいみたいということで購入してみました。

 

 

袋をあけると1本のロールように見えますがグリップテープ(3本)と中芯部にエンドテープ(3本)が入っています。

まず、テープを巻きやすくするためグリップテープの端を三脚の円周分だけ斜めにカットします。

こんな感じです。

 

保護用のビニールテープが貼ってあった面を表にして、

 

注意しながら三脚の下側から巻き上げていきます。

 

(上から巻いてしまうとテープの重なり部の隙間から雨水が侵入することがあるようです)

 

巻き始めはセロハンテープなどで固定したほうがスムーズにいきます。

 

指で押さえながら巻こうとしましたが、私には無理でした。

 

グリップテープを引っ張ってテンションをかけながら巻いていきます。

 

3~4mm重なるようにして巻くといいみたいです。

 

最後は不要部分をカットして、エンドテープを巻いて止めます。

 

完成しました !(^^)!

 

思ったよりも早く、約30分ほどで作業は終了しました。

 

持ってみると冷たさは全く感じません。

 

外での使用はまだですが、これで冬の撮影も少しは快適になりそうです嬉しい

 


 

接着剤は使用せずにただ巻くだけの作業で冷たさから解放してくれます。

 

この冬におススメしたい商品です (#^^#)

 

 

評価:
---
エツミ
¥ 1,188
()
コメント:まだ使用していないので☆は4つにしています。接着剤は使わず、ただ巻きつけるだけなので、作業は簡単です。

和歌山 根来寺で紅葉を撮ってきた

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 22:53

JUGEMテーマ:写真日記

 

初めて和歌山県の根来寺に行ってきた しばっちです。

根来寺にはもみじ谷というところがあって紅葉がきれいだよという情報を得たので見に行ってきました。

 

駐車場に車を停めて、まずは根来寺の向かいにある五百仏山(いよぶさん)へ。

五百仏山の散策路を30分ぐらい歩いて東屋付近へ移動すると、国宝の大塔が見えるエリアに出てきます。

脚立の上から撮影しました。(脚立をもって山を歩きました(^-^;)

手前に紅葉、奥に大塔という感じで切り取ってみました。

 

五百仏山を下山し、もみじ谷へ移動。

11月下旬に撮影したのですが、ちょうど見ごろといった感じでした。

光が差し込み、すがすがしい朝でした。

休日だったのですが、朝早かったせいか周りにカメラマンもあまりおらずたくさん撮影することができました。

30分後には観光客も増えてきたので、早朝の撮影がいいのかなと思います。

 

もみじ谷から不動堂へ移動。ここはまだ緑モミジがあり、緑と赤のコントラストがきれいでした。

人が歩く姿も絵になりますねぇ。

 

不動堂の横に小高い丘がありそこに金毘羅堂があるのですが、そこのモミジにスポット光が。

アンダーめで撮影してみました。

 

根来寺

 


<まとめ>

はじめて根来寺の紅葉を見たのですが、もみじ谷の名前の通り素晴らしい景色でした。

春の桜も有名ですので、次回は狙いに行きたいと思います。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

コタカメラTwitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM